建築トラブル相談

建築トラブル対応

●公法と私法
建築基準法は国あるいは地方自治体と、国民・住民との関係を定める行政法規(公法)です。一方、民法は私人(しじん)間の権利や利益の調整などを行う私法です。法律の種類が異なりますが、互いに密接な関係があります。「おもいやりのこころ」を判断の基準と考えたいと思います。

●トラブルの種類
1、民法における建築関係諸問題
2、工事請負契約に絡む諸問題
3、倒産に絡む諸問題
4、設計・監理契約に絡む事項
5、近隣に絡む事項
6、欠陥等の瑕疵に絡む事項
7、道路に絡む事項
8、etc








LinkIconback








アイ・プランニング対応実績の一部紹介

●都内マンション計画是正
すでにE民間申請機関にて確認済みの中野区某マンション計画について、隣地マンション居住の方のご依頼をいただきました。設計内容を改めて精査し建築審査会に確認申請内容に不備がある旨の意義申し立てを行い、E民間申請機関の誤りを正し、事業者(某マンションデベロッパー)自ら建物の建物の計画変更申請を導き、建物の階高を低く、窓ガラスの不透明対応など数々の変更を実行させる建築士の意見書作成を担当いたしました。

●マンション内装工事是正
目黒区自然教育園を目の前にするハイグレードマンションに住む方の依頼を受け、一方的に進める上階のマンション内装工事について、計画の違法性及び構造上の問題、区分所有の問題等について、東京地方裁判所に工事中止の訴えを起こし、計画の根本的な見直しを勝ち取るための建築士意見書作成を担当しました。

●建設計画施設騒音是正
世田谷区内の第一種低層住居専用地域内に建設が予定される工事について、工事現場の隣人からの御依頼でした。計画地はじつに良好な第一種低層住居専用地域にも関わらず、商業主義に傾くクリニック計画はすでに施工の段階に入っておりました。設計内容を確認して敷地境界ギリギリに設置され夜間も連続稼働する大型空調機などの騒音を下げるべく協議を行い、消音装置の設置、一部建物配置の変更、臭気対応、設備騒音の変更是正及び、今後の施設運営についても近隣協定を結ぶなどの対応処理のサポートを行いました。



LinkIconback