既存建物の検証

既存の建物の検証

1、官庁調査
  申請履歴調査として確認確認証明書、検査済証明書などの公的記録の調査・確認。
2、既存不適格調査
  基準時と関係法令改正について、不適格事項を確認します。
3、現況建物の現地確認
  申請図との差違、建物用途の確認、構造損傷の確認、不適合部分の有無確認
4、その他
  道路について履歴調査行います。
5、既存建物の構造損傷(目視)を行います。
6、既存建物の既存不適格事項の確認を行います。
7、申請図面と現況建物の差違確認調査を行います。
8、構造検討(既存構造図に基づき)耐震強度の確認を行います。










LinkIconback

ER(エンジニアリングレポート)

エンジニアリング・レポート(ER)とは不動産投資・不動産流通・不動産評価・不動産管理などに際して対象不動産の状況を把握するためにおこなう、対象不動産のデュー・デリジェンスです。
 ・物的状況に関する調査(物的調査)
 ・法的状況に関する調査(法的調査)
 ・経済的状況に関する調査(経済的調査)
これらのうち、物的調査を行い報告書にまとめたものをエンジニアリング・レポート(ER)といいます。 物的調査とは、対象不動産の立地状況、管理状況、遵法性、建築物の仕上・構造、設備の劣化状況、耐震性能、有害物含有状況、土壌汚染などについて、第三者的見地からおこなう調査のことです。
エンジニアリング・レポートはこれらに対する分析結果のほか、工学的観点から再調達価格、修繕費用(緊急修繕費用・短期修繕費用・中長期修繕費用)、地震による損失額(地震PML)などの経済的要素についてレポートとしてまとめます。






LinkIconback