店舗事業者様

店舗設計をアシストします。


1、ロードサイド店舗の新築・改築計画
新築の店舗計画の対応はもちろん、既存店舗を活用した計画などでも建築申請及び消防申請が伴います。アイ・プランニングでは店舗デザイナー+施工者をアシスト致します。



2、テナントビル内の店舗計画
内装管理室やビル管理会社の要求内容には、必要図面の提出、関係法令の遵守、工事区分、建築士の選任、排煙設備、内装制限、換気計算など様々な要求が行われます。 店舗設計者や施工者にて対応困難な場合は、アイ・プランニングにてアシスト致します。



3、用途変更申請
消防と協議を行ったら100㎡を超えているため、まず建築審査課と協議を行うように指導を受けた。建築審査課からは用途変更が必要であると指導を受けた。用途変更は1テナントの都合だけで行う事は困難ですが、ビル所有者、管理不動産会社などと調整を行い申請の可能性を探ります。


LinkIconback





こんな事例がありました。

事例-1
飲食店舗を開業希望の事業者は、人通りも良く好条件のビルの低層階で、今まで旅行代理店が使用していた場所に飲食店舗でも可とするスペースを見付けることができました。店舗事業者は、そうそうに賃貸契約と店舗の計画を進めました。具体的に厨房の計画を進める上で、低い天井を撤去すると排煙設備が不適になること。計画するガスの仕様はそもそもビルには無く、新たに道路掘削をしてガスの引き込みを行う必要があること。用途変更の手続きを行おうと建物の資料を確認すると、そもそも検査済証を取得していない(違法)建物であったことなどが判明してきました。飲食店事業者は、時間と費用を掛けたが出店を諦める事にしました。アイ・プラニングではこのような店舗開設に伴うコンサルティングに対応致します。

LinkIconback